ホーム > タイ > 【タイ】 プーケットで一番古いオンオンホテル

【タイ】 プーケットで一番古いオンオンホテル


プーケットで一番古いホテル、オンオンホテル。

2000年に上映された“ザ・ビーチ” レオナルド・ディカプリオ主演の映画、と言って ピンと来る人も少なくなってきていますがこの映画の撮影地で有名になったのがピピ島・マヤビーチ、そして映画の中ではバンコクの設定ですが映画の初めの方にでてきた宿が実はこの“オンオンホテル”なんです。

オンオンホテル開業が90年前、映画の後リノベーションを繰り返し今ではとーってもお洒落な雰囲気のあるホテルに変わっているんですが今日はホテルではなく宿泊客でなくても入れるレストランをご紹介。

建物は昔のままで昔の台所をイメージしたオープンスペースや中庭をみることができます。

レストラン内はエアコンが効いてますので街を散策した後ゆっくり食事をすることができます。

もちろん?!注文したのはプーケット名物“ナムプリック クンシィアップ” 

所謂“ディップ”なんですが地方や各家庭で入れるものも味も全く違う!そして実は色んなタイ料理にも使われています。

今日のナムプリックは野菜などにつけて食べるもので、プーケットスタイルは干しエビが入ったもの。辛いんですが止まらない…是非食べて頂きたい1品です。

そして“パックミヤンと卵の炒め物”これは南部地方に多いメニューで日本人も食べやすい味なんです。 

主食はプーケットヌードルの炒め物 

プーケットビールを片手にプーケット名物料理をツマミにいつもと違った空間でのんびりされてはいかがでしょうか?

 

タイへの団体旅行、社員旅行、視察旅行、業務渡航、教育旅行のことならエスエムアイトラベルへ!

   

メールでのお問合せ

 

0334381014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ