ホーム > マレーシア > 【クアラルンプール・マラッカ・ジョホールバル】マレー鉄道 KTMの乗り方

【クアラルンプール・マラッカ・ジョホールバル】マレー鉄道 KTMの乗り方


【クアラルンプール・マラッカ・ジョホールバル】マレー鉄道 KTMの乗り方をご紹介します。

 

マレー鉄道(KTM)は近年、ディーゼル(汽車)から電気を使った電車に切り替えをしております。
下記は2019年1月の情報となります。

クアラルンプール駅 ~タンピン駅 
KL SENTRAL~TAMPIN

列車種類:ETS
乗車時間:約2時間
座席クラス:1種類のみ(1等車無し)
進行方向に向いている座席番号
A=1列-8列 (車両番号AとBの間にお手洗い有)
B= 1列-8列
C= 1列-7列 (車両番号CとDの間にお手洗い有)(車両番号Cに売店有)
D=7列-11列
E= 9列-13列 (車両番号EとFの間にお手洗い有)
F= 9列-14列
車両数:6車両/A-F (時期により異なる場合がございます)
停車駅:KL SENTRAL・BANDAR TASEK SELATAN・KAJAN・SEREMBAN・TAMPIN
KTMサイト:こちら

◆クアラルンプール中央駅のご紹介

KLセントラル駅2階のETSの改札より入場いたします。

 ETS (ElectricTrainService)

高速列車ETS(Electric Train Service) は全席指定となっています。
※写真はタンピン駅

◆車内をご紹介

座席は2人かけで、しっかりした作り。
※進行方向を向いていない座席もございます。日本のようにクルッと半回転出来ないのでご了承ください。

ほどよくリクライニングも可能です。

大きな荷物は各車両前方に置いておくスペースがあります。

機内預けサイズは座席上に置いてしまうのも可能です。

気になるお手洗い事情。。。
日本の新幹線とは大きな違いはなく、水洗です。
トイレットペーパーは常備されておりません。

食堂車!ではありませんが、車両Cに小さな売店があり、ジュースやお菓子、マレー料理のお弁当も販売されています。

お弁当9リンギット・コカコーラ2リンギット (2019年1月現在)

 

ツアーNo.K14
午後発!電車で行くマラッカ観光 ~マラッカ海峡の水上モスク観賞つき~

 

タンピン駅 ~ジョホールバル駅 
TAMPIN~JB SENTRAL

列車種類:KTM INTERCITY
乗車時間:約5時間
座席クラス:1種類のみ(1等車無し)
進行方向に向いている座席番号:
1号車=9列-15列(お手洗い有)
2号車=9列-15列 (お手洗い有)
3号車=9列-15列 (お手洗い有)
4号車=9列-15列 (お手洗い有)
車両数:4車両/ (時期により異なる場合がございます、冷房が故障しているため現在は4号車は使用停止中です。)
停車駅:KL SENTRAL~JB SENTRAL 間7駅
KTMサイト:こちら

◆タンピン駅のご紹介

駅の周辺なにもありません。。。

綺麗ですが殺風景

入場前の待合場所です。電車到着時間の20-30分前にホームへ入れます。

シンプルなだけあって乗り場はわかりやすいです。

いよいよ乗車です!!

◆ 車内をご紹介 (時間帯により車種が変わります。将来的には全てETSになる可能性が高いです)

座席は2人かけで、ETSに比べると古さを感じます。
※進行方向を向いていない座席もございます。日本のようにクルッと半回転出来ないのでご了承ください。

前方にスペースはありますが、ETSのように荷物棚はありません。
お荷物は滑らないように倒しておくか、座席横に置いておきます。

気になるお手洗い。。出来るだけ駅で済ませておきたいですね。

◆JBセントラル駅のご紹介

長旅を終えてようやく到着です。

エスカレーターで上がって出口に向かいます。

改札はなく、そのまま解散となります。JBのガイドはこちらでお待ちしております。

シンガポールとの国境の駅だけあって、人でいつも賑わっています。

   

 

マレーシアへの団体旅行、社員旅行、視察旅行、業務渡航、教育旅行のことならエスエムアイトラベルへ!

   

メールでのお問合せ

 

0334381014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ