ホーム > ベトナム > 【ベトナム6月22日更新】 新型コロナウィルス関連情報と街の様子

【ベトナム6月22日更新】 新型コロナウィルス関連情報と街の様子


 

こちらではベトナムの観光地・旅行者に関わる
新型コロナウイルスに関する最新情報を更新していきます。
【2020年6月22日更新】

下記これらの措置が変更されることもありますので、
引き続きベトナム政府からの発表等の最新の情報収集に努めて下さい。

 

 

【2020年6月22日更新】

● 感染者数

・累計感染者数:349

・死者数:0

 

● 入国の制限

・外国人の入国を原則禁止

・ハノイ空港,ホーチミン空港では国際線旅客便の受入れを停止。

 
● 外出制限

・バー,マッサージは営業再開。

・カラオケ,ディスコの営業再開(6月10日から) 

 

● 空港会社の対応

・ベトナム航空の全航空機にHEPA(高効率微粒子空気)フィルターを装備。

・健康異常の徴候を示した乗客を乗せている航空機の消毒。

・コックピットと客室の温度を 26°C に調整。 

 

● バス会社の対応

・マスクや手の消毒は、強制されていない箇所が多い。

・検温も非常に少なくなっていている。

・各施設次第。

・客と客との距離を開けるようにとのルールも撤廃。

 
● ホテルの対応

・マスクや手の消毒は、強制されていない箇所が多い。

・検温も非常に少なくなっていている。

・各施設次第。

・客と客との距離を開けるようにとのルールも撤廃。

 
● レストランの対応

・マスクや手の消毒は、強制されていない箇所が多い。

・検温も非常に少なくなっていている。

・各施設次第。

・客と客との距離を開けるようにとのルールも撤廃。

 

● ショッピングモールなど

  商業施設での対応

・マスクや手の消毒は、強制されていない箇所が多い。

・検温も非常に少なくなっていている。

・各施設次第。

・客と客との距離を開けるようにとのルールも撤廃。

 

● 公共交通機関での対応
・特に法令での取り決めはなし。
・タクシー・配車アプリ・公共交通機関は通常運行。
 
● その他

・ベトナム両政府は今月下旬に、日本人のベトナム入国を認める調整へ。

・新型コロナウイルス感染拡大に伴う出入国制限の緩和策「第1弾」で、ビジネス関係者ら最大250人が渡航する方向で進めている。

(6月25日から入国制限緩和発表)

 
 
◆ クローズしているホテル一覧 ◆
・LAN VIEN(クローズ期間延長 終了未定)
・MAY DE VILLE OLD QUARTER(全面改装 終了予定8月31日)
・LAKE SIDE (クローズ期間延長 終了未定)
・RISEMOUNT(クローズ期間短縮 終了予定 7月10日)
・PULCHRA RESORT(クローズ 終了予定12月31日)
・GRANDVRIO CITY DA NANG (クローズ 終了未定)
・PARADISE SAIGON BOUTIQUE(クローズ期間決定 終了予定12月31日)
・NIKKO SAIGON(Club and Suiteのみ閉鎖) (クローズ期間決定 6月30日)
・NORTHERN SAIGON(クローズ期間再延長 終了未定)
 
◆ クローズしている観光施設一覧 ◆
 
◆ホーチミン
◎閉鎖中
・水上人形劇(3月16日~期限未定)
・ボンサイ号ディナークルーズ(3月25日~6月30日)
 
◎再開済み
・統一会堂
・戦勝証跡博物館
・ミトークルーズ(メコン河クルーズ)
・カイベークルーズ(メコン河クルーズ)
・カンザー(ヴァムサット)
・クチトンネル
・スカイデッキ
・スイティエン公園
 
◆ダナン
◎閉鎖中
・カトゥー族ツアー(再開未定)
 
◎再開済み
・ホイアン旧市街(チケット販売再開済み)
※しかし、各観光施設の営業についてはオーナーの意向によるため、入館不可箇所もあり
・フエ遺跡群
・ビンワンダー(ヴィンパールナムホイアン)
・バーナーヒルズ
・ミーソン遺跡
・ドラゴンブリッジショー
 
**********************************
**********************************

 

こちらでは、お客様に安心してご滞在頂くために、

新型コロナウィルス感染防止のための弊社での衛生管理に関してお知らせ致します。

 

ベトナムへの団体旅行、社員旅行、視察旅行、業務渡航、教育旅行のことならエスエムアイトラベルへ!

メールでのお問合せ

 

0334381014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ