ホーム > マレーシア > 【クアラルンプール】視察│ホテルレストランシェフから学ぶ「ハラルとは?」

【クアラルンプール】視察│ホテルレストランシェフから学ぶ「ハラルとは?」


日本で暮らしているとあまりか関わることがない宗教ということもあり、ハラルってなに?ハラルの日本食は作れるの?などと分からないことが多いと思われます。

ハラルというと、食に関することが比較的思い付きやすいですが、実はイスラム法で許された項目のことになり、イスラムの教えで「許されている」(合法なもの)という意味で、食だけではなく神に従って生きるイスラム教徒の生活全般に関わる考え方となります。

ハラルの反対はハラム、もしくはノン・ハラルと言い、これはイスラム教徒(ムスリム)にとって有害な物、中毒性のある物を意味しています。イスラム法の下では、豚肉やアルコールを摂取する事は禁じられていますが、その他の食品でも加工や調理、輸送、保管に関して一定の作法が要求されます。この作法が遵守された食品がハラルとされます。

また、ハラルは食品だけでなく、化粧品、医薬品、介護用品、物流、金融など、さまざまなサービスにも適用されます。

禁止されている食品の一例
・豚肉(ソーセージ、ゼラチンなどの加工品も含む)
・豚肉以外でも、イスラム法に基づいた食肉処理されていないもの
・アルコール類(醤油、みりん、味噌などのアルコールを含む食品)

名前、または内容Hotel Istana (ホテル・イスタナ)
中心地からの移動時間市内中心部
営業時間平日 14:00~16:00(週末・祝日)
見学時間(目安)約2時間
催行人数10~50名
料金有料(お問い合わせください)
その他イスタナホテル宿泊が条件となります。

視察内容

ハラル認証は、1960年頃にマレーシアで始まりました。マレーシアの認証は国が運営している略称JAKIM(ジャキム:マレーシア連邦政府総理府イスラーム開発庁)と呼ばれています。

イスラム教が国教であるマレーシアでは、多民族・多宗教の上、経済発展により輸入品や加工品が増え、成分からは何が安全であるのか判断できなくなったことから、国がチェックをし、イスラム教徒(ムスリム)が安心して食品を購入できる制度を作りました。

市内中心部のブッキビンタンにある、ハラル認定キッチンを持つイスタナホテルでは、シェフからのハラルに関する講義とディスカッション、そして実際にハラル認定を受けたホテルキッチンを見ることができ、ハラルへの対応を目で確かめることができます。プログラム後は一般のスーパーにて市場調査を付け加える事をお勧めします。

ハラルのロゴがどのような意味を持っているのかをはじめとした、シェフによる講演があります。

ハラル認証を受けたキッチンをご案内致します。

ハラル認証制度

ハラル認証制度とは、法的に運用されている国々へハラール認証製品として輸出する際には、輸出相手国のハラル認証機関から正式に承認を受けた国内認証団体が発行したハラール認証書が必要になります。

それ以外のものはハラール認証製品として認められていません。

イスラム教が国教であるマレーシアでは、多民族・多宗教の上、経済発展により輸入品や加工品が増え、成分からは何が安全であるのか判断できなくなったことから、国がチェックをし、ムスリムが安心して食品を購入できる制度を作りました。

一般社団法人ハラル・ジャパン協会より引用
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する
国内および国家間の不平等を是正する
持続可能な開発に向けてグローバル・パートナーシップを活性化する

SDGsの17目標

問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ