ホーム > カンボジア > 【シェムリアップ】治療を必要とするカンボジアの子どもたちを受け入れる「アンコール小児病院」│SDGs視察

【シェムリアップ】治療を必要とするカンボジアの子どもたちを受け入れる「アンコール小児病院」│SDGs視察


アンコール小児病院は、カンボジアの医療環境を目の当たりにした日本人写真家の井津建郎氏によって1999年に非営利の小児病院として開設されました。

 

開院以来のべ160万人以上の子どもたちに医療提供がされてきており、現在は1日平均400人もの患者が訪れる病院となっております。

 

アンコール小児病院は医療提供だけではなく、カンボジア人のスタッフの教育・育成、地域医療支援・保健教育プログラムを通して、カンボジア人への一般衛生教育・予防医学の普及を行っています。

視察内容

病院へ移設のエキシビションセンター(フレンズセンターにて)で、アンコール小児病院の設立背景や歴史などを学ぶことができます。

 

患者さんのいるエリアには、院内感染やプライバシーの観点から入ることができませんが、専門のスタッフから現在取り組んでいる内容などを聞くことも可能です。

アンコール小児病院
フレンズセンター(エキシビションセンター)エントランス
アンコール小児病院
フレンズセンター(エキシビションセンター)内

名前、または内容 アンコール小児病院 (Angkor Hospital for Children)
中心地からの移動時間 約10分
営業時間 09:00~11:0/14:00~16:00(休みは不定期)
見学時間(目安) 約1時間
催行人数 2~40名
料金 有料(お問い合わせください)
その他 —-

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する
すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する

SDGs(エスディージーズ)とは、国連が2030年までに達成を目指す国際目標「持続可能な開発目標」Sustainable Development Goalsの略です。 SMIでは「持続可能な開発目標(SDGs)」の記事を掲載しています。

お問い合わせ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ