ホーム > カンボジア > 【カンボジア】団体・教育旅行にお勧め カンボジアの世界遺産

【カンボジア】団体・教育旅行にお勧め カンボジアの世界遺産


企業向けの社員旅行や教育旅行に
カンボジアの世界遺産巡りはいかがでしょうか?

 

現在カンボジアは世界遺産登録数ランキングでは83位となり、

文化遺産が3件の世界遺産がございます。

 

今回は社員旅行や教育旅行等にお勧めの2件(3箇所)の世界遺産をご紹介致します。

下記世界遺産のご紹介と共に参考ツアーのリンクも載せておりますので、

よろしければそちらも是非ご覧ください。

アンコールワット

種類:世界文化遺産

登録年数:1992年

アンコールワットを含むアンコール遺跡は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置するクメール王朝時代の遺跡群です。

アンコールワットはヒンドゥー教の建造物となり、1113-1145年頃、スーリヤヴァルマン2世建立されたと言われています。

1992年ユネスコの世界危機遺産に登録され、遺跡を中心に修復に努めてきましたが、第二段階として2004年世界文化遺産に登録されました。

 

【参考ツアー】

1日充実!アンコールワット・アンコールトム&タプロム1日観光

アンコールワット&アンコールトム1日観光

アンコールワット半日観光(午前・午後発)

アンコールワットサンライズツアー

 

アンコールトム/タ・プロム (アンコール遺跡群)

種類:世界文化遺産

登録年数:1992年

アンコール遺跡群は、アンコールワットを同じくカンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置するクメール王朝時代の遺跡群です。アンコールトムは12世紀末-13世紀初頭にジャヤーヴァルマン7世により建立されたと言われており、タプロムは1186年、ジャヤーヴァルマン7世により建立されたと言われております。共に仏教の建造物です。

アンコールトムの中心にあるバイヨン寺院の塔には4面仏と呼ばれる観世音菩薩の顔が彫られており、その特異な塔の形状とクメールの微笑といわれる菩薩の微笑が有名です。また、寺院の回廊部分にはびっしりとレリーフが彫られていますが、宗教的な題材以外に当時の軍隊、民衆の姿も描かれており、当時を知る上で貴重な資料となっております。

タ・プロム寺院は樹木に覆われた寺院として大変有名です。

 

【参考ツアー】

アンコールトム半日観光(午前・午後発)

アンコールトムとタプロム半日観光(午前・午後発)

アンコール遺跡群1日観光(大回り、小回りコース、昼食付)

④ バンテアイスレイとアンコール遺跡群1日観光(昼食付)

アンコール遺跡群小回りコース半日観光(午前・午後発)

アンコール遺跡群大回りコース半日観光(午前・午後発)

 

プレアヴィヒア寺院

種類:世界文化遺産

登録年数:2008年

カンボジアとタイ国境にあるダンレク山地内のカンボジア領内(プレアヴィヒア州)に位置するヒンドゥー教寺院です。

寺院名の「プレアヴィヒア」とはクメール語で「神聖な寺院」という意味です。

5つの塔門が地形の傾斜に沿って約800メートルにわたり、北から南へ伸びており、北側の中央祠堂奥の絶壁からの眺望も、絶景のひとつとして有名です。

 

【参考ツアー】

プレア・ヴィヒア寺院1日観光(お得!入場料込み・お弁当付き)

 

 

カンボジアへの団体旅行、社員旅行、視察旅行、業務渡航、教育旅行のことならエスエムアイトラベルへ!

   

メールでのお問合せ

 

0334381014

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ