ホーム > カンボジア > 【カンボジア・ポイペト】タイ/カンボジア国境の町 ポイペトを訪問!!

【カンボジア・ポイペト】タイ/カンボジア国境の町 ポイペトを訪問!!


   

変わりゆく国境の町ポイペトを訪問してきました!

カジノホテルが多く存在する国境の町として有名なポイペトですが、2019年4月22日にタイ・カンボジア両国間で国際列車を運行する調印が行われさらに活気を帯びているポイペトを訪問してきました。

ポイペトのカンボジア側入国審査を経て一番最初に目にする目の前のロータリー部分が列車も通過するアンコール遺跡をモチーフにしたモニュメントになるようでその工事が進んでいます。

ただし、その部分はまだまだ未完成、線路の上も駐車場のようになっているのが現状です…。

国境のカジノエリアにもすでに線路が引かれ、まだ運航はしていませんので線路の上は国境を行き来する人々の格好の通路となっています。

この部分を実際に列車が通る、その際には歩道含めてどのような導線になっていくのか、歩道との境がないですし、カジノの入り口の真ん前を線路が通っていたりするのでどうなるんだろうな、と興味の湧く部分ですね。

カンボジア側出入国管理局の建物も国境の川を渡ったすぐのところに新庁舎を建設中、立派な建物の下を車両が通り、脇を列車が駆け抜けるつくりとなっています。

国境沿いのエリアには今まで通り、カジノホテルがさらに数を増やしております。こちらの画像は国境の川を越えてすぐ右手のホリデーパレスと新しいタワー棟です。

また、国境に近いエリアを中心にコンドミニアムの建設ラッシュ、国境から車で5-10分ほど走ると街中は分譲住宅地の建設ラッシュが続いており、変わりゆく町の現在を見ることができます。

さらにその周辺には工場も稼働を始めており、経済特区の設置、豊田通商さん主導のテクノパークの運営などカジノの町としての顔だけではない特色を持ち始めております。

   

ポイペト訪問の際にはぜひお声がけください!

このポイペトへは観光、世界遺産の街シエムレアップから現在2時間半ほどで行くことが可能です。

国境の町ということで車両の国境エリアへの侵入などに関して特殊な手続きが必要となりますが、このあたりも経験豊富な弊社のハンドリングでご案内可能です。

ご興味のある方はぜひ弊社S.M.I.Travel Cambodiaへお声がけください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ