ホーム > シンガポール > 【シンガポール】太陽光発電醸造所タイガービールの取り組みとは?│SDGs視察

【シンガポール】太陽光発電醸造所タイガービールの取り組みとは?│SDGs視察


1932年にシンガポールで誕生した「タイガービール」は製造元は「アジア・パシフィック・ブリュワリーズ社」ですが、タイガービールはシンガポールのメーカーとオランダのハイネケン社が合併してできた会社です。

現在では、シンガポールを中心に東南アジアの国々やアメリカやイギリスなどでも飲まれており、世界的にも認知度が高く、フルーティーで飲みやすいビールとなっており、ビールが苦手な人でも比較的飲みやすいビールとしても有名です。

世界自然保護基金(WWF)とトラの保護活動

「森林破壊」「密猟」「違法取引」により世界に3,890頭あまりになってしまった野生のトラを保護支援として世界自然保護基金(WWF)へ100万米ドルの寄付を行いました。

また2017年には、「#3890Tigers」の名称で6年間をWWFとパートナーシップ協定を結び、デジタルアートとソーシャルメディアを利用した保護へのキャンペーンを行っており、トラ年にあたる2022年までに6,000頭まで生息数を回復させる事を目指しています。
参考:世界自然保護基金Webサイト: https://www.wwf.org.kh/?uNewsID=302611

廃棄物問題への取り組み

Asia Pacific Breweries(アジアパシフィック・ブリュワリーズ社)はシンガポールにおける包装廃棄物の量を削減する #ReduceYourWasteline キャンペーン開始し、製造工程におけるフットプリント(原料の採掘から始まって使用,廃棄されるまでどこでどれだけ環境に足跡を残して来たかの指数)を削減し、又、このキャンペーンを通じて、より環境に優しく、日常生活における廃棄物の量を減らすよう消費者へのアピールをしています。

Asia Pacific Breweries Singapore YouTube公式チャンネルより

再生エネルギーを利用

気候変動の要因とされるCO2の排出量削減が急務となる中、地球環境に対して負荷の少ない再生可能エネル-ギー(太陽光・風力・地熱・中小水力・バイオマス)への注目が高まっています。

再生可能エネルギーは、温室効果ガスを排出せず、国内で生産できることから、エネルギー安全保障にも寄与できる有望かつ多様で、重要な低炭素の国産エネルギー源です。

タイガービール工場では2015年より太陽光発電醸造所として、製造工程では100%太陽エネルギーを利用しています。

名前、または内容Tiger Brewery(タイガービール工場)
中心地からの移動時間40分
訪問可能時間13:00、14:00、16:00、17:00(月曜・祝日不可)
見学時間(目安)約1.5時間
催行人数20~90名
料金有料(お問い合わせください)
その他18歳未満は大人の同伴が必要となります(アルコールの試飲不可)

視察内容

500時間以上もかかるといわれているタイガービールの醸造工程の、各行程を見学します。

およそ90年間に及ぶ歴史をビジネスセンターで学び、その後工場で麦芽・ホップなどの原材料と、これらを製麦・最後のろ過の部分までの各工程の見学、そしてパッケージギャラリーでは、実際に流通しているパッケージを見学、ビールを注ぐコツも伝授され、ご自身で注いだビールの試飲をすることができます。

敷地内は大きく
・ビジネスセンター
・工場、パッケージギャラリー
・試飲コーナー、お土産ショップ
に分類されており、順番に回っていきます。

日本でも人気のビール工場見学ですが、タイガービールの環境へ取り組みをのシンガポールでしか体験できないビール工場見学を体験して頂きたいと思います。

タイガービール工場外観
タイガービール工場 館内
タイガービール工場 工場内

試飲体験

工場内とは思えないビリヤードやダーツなどが設置されている「タイガータバーン」では、タイガービールはもちろんのこと、工場内で作られたABC、アンカー、アーキペラゴ ブルワリー、バロンズ ストロングブリュー 、ギネス、ハイネケンなどのビールを試飲することが可能です。製造過程を見てきたあとの試飲は、味わい深いはずです。

手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する
森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

シンガポールSDGs関連記事

シンガポールSDGs関連記事一覧ページ

シンガポール
シンガポール
シンガポール

問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ