ホーム > マレーシア > 【マレーシア】地球の肺と呼ばれる森林をどのようにして守るか?│SDGs視察

【マレーシア】地球の肺と呼ばれる森林をどのようにして守るか?│SDGs視察


森林は二酸化炭素(CO2)を吸収し、酸素(O2)を大気に供給しているだけではなく、酸素や炭素の循環を調節する機能があり人間活動が放出した CO2 の一部を吸収し、生物多様性を育む役割を果たしています。「地球の肺」と呼ばれる森林は地球の気候を維持するうえで非常に重要です。

しかし開発や火災、そして地球温暖化によって森林は年々減少・劣化しており、毎年北海道の77%にあたる約600万ヘクタールの森林が、世界中で失われ続けていることをご存じでしょうか。

森林破壊は下記の図からもわかるように熱帯地域を中心に進んでいますが、森林破壊の主な原因は、アブラヤシなどの農地や工業用地として転換されたり、建材や紙の原料として輸出されるための商業目的による伐採となります。それらは日本へ輸入されてもおり、決して遠く離れた海外での話ではありません

WWFによると、森林破壊がもたらす危機としては

  1. 地球の炭素の貯蔵庫としての機能や大気の調節機能が損なわれる
  2. 地球温暖化を加速させてしまう
  3. 生息する動植物が絶滅してしまう
  4. 新たな感染症の恐れ

といった内容があるといわれています。

森林破壊を防ぐためには、再生紙の利用やコピー用紙の利用を減らしたり、過剰包装を断るといったことが思いつきますが「違法伐採された木材や木材製品を買わない」とうことが私たちにできる選択肢のひとつでもあります。

では、違法伐採されていない国材や木材製品は、どのように見分けたらいいのでしょうか。

「合法性」や「持続可能性」を見分ける方法のひとつとして、“森林認証” というものがあります。森林認証は、森林が適切に管理されていることを第三者機関が認証し、その森林から産出された、木材・木材製品に認証マークをつけることにより、消費者が選択的にこれらの木材などを購入することができるようにする民間の制度です。

主な森林認証には国際的な森林認証として、FSC認証、PEFC認証、そして日本独自のSGEC認証などがあります。今まで気に留めていなかったマークの意味を知ることで、私たちの森林に対する意識も少しずつ変わっていくのかもしれません。ぜひご自宅にある食品などにどのようなマークがついているのかを見てみてください。

FSC®マーク
食品の裏箱に記載されているFSC®マーク
FSC®認証とは 環境保全の点から見て適切で、社会的な利益にかない、経済的にも継続可能な森林管理のもと生産された原料で製造された製品にFSCロゴをつけ、消費者に選択の機会を与えることで、誰でも世界の森林保全に参加できる仕組みを提供しています。
FSCジャパンWebサイトより引用

視察内容

世界の熱帯林業研究の主要機関のひとつであるマレーシア森林研究所(FRIM:フリム)は、クアラルンプールの北西約16kmにあるケポンのブキット・ラゴン森林保護区(545ヘクタール)に位置しています。

FRIMは、マレーシアの天然資源や環境の多様性を理解し、特に森林に貢献する研究開発やサービスの側面に関するターゲットのニーズを満たすことを目標としており、2009年には

アジアを代表する森林研究機関として持続可能な森林経営や生物資源の研究などを担ってきた
日経アジア賞より抜粋

として日経アジア賞で科学技術部門に選ばれました。

そして今、マレーシア森林研究所は「2030年までに熱帯林の研究、開発、商業化、応用のリーダーとなる」ことをビジョンに掲げ、下記内容を目的に活動をしています。

・森林資源の理解、管理、利用に関する科学的知識の生成
・最新の科学的利用で研究開発の卓越性を達成する
・生物多様性を研究し、集中的な研究開発を通じて有用な製品を生産する
・林業のニーズに応える関連技術の開発
・森林の生物多様性の保全と環境の重要性に対する国民の意識向上

また、FRIMは、研究機関であるとともに、熱帯雨林を知ってもらうための施設として、自然教育センターをはじめとし、植物園や樹木さまざまなアトラクションやアクティビティを訪問者に提供しており、森林に関する講義を受けたあとにレンジャーとともにジャングルトレッキングをすることが可能です。

体力に応じて選べるトレッキングコースが4種類。

ペラキャンプサイトは、グループ活動を行うためにFRIMで人気のあるエリアのひとつです。こちらは、一度に120〜150人を収容することができます。

樹木園は、植物研究とその関連分野を支援しています。FRIMには現在、樹木園7つ、植物園1つがあります。

名前、または内容Forest Research Institute Malaysia(マレーシア森林研究所)
中心地からの移動時間クアラルンプール中心部から車で30分
KTMコミューター ケポン(Kepong)駅から車で10分
営業時間05:30~07:30、08:30~19:30
*08:00~16:30(ワンストップセンター)
*09:30~14:30(スカイウォーク 入場13:30まで)
土・日曜・祝日休業(スカイウォークは金曜も)
見学時間(目安)1.5時間
催行人数2~100名
料金有料(お問い合わせください)
その他
気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る
森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る
持続可能な消費と生産のパターンを確保する

マレーシアSDGs関連記事

マレーシアSDGs関連記事一覧ページ

クアラルンプール
クアラルンプール
マレーシア各都市
マレーシア各都市

問い合わせ先

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


関連記事
0334381014
メールでのお問合せ